スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

201系900番台の製作 (5)

車体の工作に戻ります!
屋根の整形
屋根を妻板のRに合わせて削って整形します。
車体と屋根板の継ぎ目をパテで埋めてしまいます。
雨どいとルーバーの取り付け
細く切ったボール紙を貼り付けて雨どいを表現。
クモハ200とモハ201にはルーバーがありますのでエコーのパーツを利用して貼り付けました。
キャンパス止め
普段はこんなところは省略してしまうのですが…。
量産車との外観の違いの一つであるキャンパス止めを貼り付けました。
ちなみに量産車にはありません。
屋根上機器の取り付け
屋根上の機器類の貼り付け。
ここではパンタ台、パンタ横ランボード、ヒューズ箱取り付け座、クーラー横ランボード、信号炎管を固定しました。
ちなみにクーラーランボードのみ市販品が見つからず
自作したクーラーランボード
紙で自作しました。

今日はここまで。



にほんブログ村
スポンサーサイト

CABの165系

謎のCABの165系「新快速色」を手に入れました。
CABの165系
箱をあけるとこんな感じにセットされていました。
車体は塗装までしてあるし、あとは組み立てるだけ。
いろいろ手を入れる場所はあるかと思いますが、この製品が売っていた時代のままにしたいので基本的にストレートに組み立てました。
3両編成の新快速
で、いきなり組立完了。
カプラーはベーカータイプが付属していたのですが、ベーカーだとあまりにもかっこ悪いのでエンドウの密着連結器、ドローバーに交換。
屋根周り
クハ、クモハのクーラーはプラのものがグレー成型のままで、経年で黄色くなってしまうのを防ぐためにGM14で塗装。
パンタグラフ
パンタグラフはPS14みたいなものだったので、交換を企みましたがパンタ穴が変な寸法だったのでやむを得ずそのままPS14を載せました。
床下機器はカツミ製
床下機器は今でも現役なカツミのプラのアレが入っていましたので、そのまま取り付け。
取り付けはネジ穴が床板と全く合わなく、穴をあけるのも面倒なのでも両面テープで固定!!
トイレ窓
トイレ、洗面所の窓は白いプラ板をそのまま貼り付け。
台車も昔の製品のまま、台車枠は塗装していません。
前面
ライト部品も一式入っていたのですが、経年劣化により袋から出したとたん電球の根元から配線がすべてブチ切れたので、あっさり点灯化をあきらめ、代わりにライトレンズを入れてやりました。

俺の趣味では超異端の電車が増備されましたとさ!!



にほんブログ村

マイクロエース ED62導入!!

先日、予約してあったマイクロエースのED62が我が家に届きました。
ED62 貨物色
購入したのは17号機、貨物塗装。
ユーザー取り付けパーツなど一切ない、正真正銘の完成品です!!
このED60・61・62とかED70・71とかDF50などの外観が好きで迷わず買ってしまいました。
側面
側面。ナンバーやJRのロゴなどきれいに仕上がってます。
屋根上のモニターにあるフックとかも再現されてますね。
前面
前面。
なんだかスカートと列車無線アンテナが変な色してますね…。
ヘッドライトレンズがかなり奥まって付いています。
ところで解放テコってこの色なんですかね?
屋根上
屋根上。すっきりしていて好感が持てます。
で、大きいほうのモニターを外すと…
屋根上のライト消灯スイッチ
ヘッドライト、テールライトの消灯スイッチが隠されています。
しかし、プラ製のモニターが車体にツメで固定されているため、取り外しの際にいつかツメを折ってしまいそうでヒヤヒヤします…。

末期の飯田線貨物って石油輸送でタキをけん引していたようですが、うちにはコキ104しかないので
コキを連結…
とりあえずコキ104を連結させてみました。
って結構似合ってるじゃん!!!



にほんブログ村

ロコモデルの総武流山電鉄の手直し (2)

ベンチレーターの手直しが終わった後、今度はパンタ下の屋根の加工。
パンタ下の屋根を削る
モハ1002は東濃鉄道時代に屋根が低屋根化されていますのでやすりで屋根板をフラットに削ってしまいます。
結構、状態の良いモデルだったので手を入れるのには勇気がいりました…。
ロコモデルの完成品は屋根板にティッシュペーパーが貼られていたので
ティッシュペーパーを張る
同じように貼っておきます。
パンタ台の設置
ランボード、パンタ台を設置した後
シルバーで塗装
シルバーで塗装しました。
パンタグラフの設置
シルバーが乾いたらパンタグラフの設置。PS13を取り付けてました。
完成
最後に黒かったヘッドライトを屋根と同じシルバーに塗装して手直し終了です!!!


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

ロコモデルの総武流山電鉄の手直し (1)

ヤフオクでひそかに探していた総武流山電鉄を落札しました。
ロコモデルの総武流山電鉄
西武→東濃→流山 と渡り歩いた川造型電車。
状態がいいのですが、気になるところがあったので手直しすることにしました。
錆びたベンチレーター
屋根上のお椀型ベンチレーターに錆が発生しています…。
なのでベンチレーターを除いてマスキング。
ベンチレーター周りをマスキング
ベンチレーターを磨きます。
パンタ横のベンチレーター撤去
モハ1002のパンタグラフ横にはなぜかベンチレーターが…。
実物にはないので撤去してしまいます。
先頭部にベンチレーターを移設
さらに運転台側の屋根上にあるはずのベンチレーターがない。
撤去したパンタ側のベンチレーターを移設しておきました。

今日はここまで!!


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
プロフィール

きいでん

Author:きいでん
いらっしゃいませ。
電車大好きだけど、鉄道会社を辞めてしまった人間の鉄分たらふくなブログ。
本物の電車とか模型とかを中心にここに記録を残しております。
もしよろしければコメントやボタンをポチっとしていただけるとうれしいです。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いします。
ツーランク上のおっさんを目指し日夜奮闘中。
人生すべて当たりくじ!

いま何時?

国鉄標準型時計

ケロコロランド
カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。